スタジオアンビルド

「スタジオアンビルト株式会社」資金調達の解説

この記事は下記リンクの有料マガジン「FUNDING FACTBOOK Vol.002」で配信される記事のうちの1記事となります。


この記事では、2019年1月15日に資金調達のプレスリリースを出した、スタジオアンビルド株式会社の資金調達内容について取扱います。

1. プレスリリースについて

概要
 プレスリリース日 2019年1月15日 12時00分
 その他媒体    The BRIDGE
 発表調達内容
  金額 1.1億円
  方法 第三者割当+資本性ローン
  投資家 ニッセイ・キャピタル株式会社, 静岡キャピタル株式会社
      株式会社OKBキャピタル
 実際調達内容
  資金調達日 2018/5/25, 10/31
  合計金額  64,996,370 円
 PRのタイミング 登記後
 登記完了後からの日数 50日

プレスリリース上、資本性ローンと合わせて1.1億円の調達を実施と発表している。
日本政策金融公庫の国民生活事業における資本性ローンの上限額4,000万円と、第三者割当による調達金額(6,500万円)、転換社債による調達金額(500万円)をあわせると、発表調達金額の1.1億円と一致する。

2. 会社の概要

事業内容
建築設計・インテリア関係の仕事について、全国の専門家と顧客をオンラインでつなぐ観点からサービスを開発している。
主に設計に関する依頼を取り扱うスタジオアンビルト」(2014年1月から開発)、主にtoC向けの自宅の間取り図の作成依頼をするmadree」(2018年7月から地域限定で開始)の開発・運用をしている。

チーム並びに機関の概要
設立時から取締役として、代表取締役をつとめる森下氏・山川氏の2名が登記されている。
Web上に公開されているメンバ構成上、経理管理関係の人材は紹介されていない。

3. プレスリリース対象の資金調達について

この続きをみるには

この続き:1,284文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
10社分の記事が読めます。 基本マガジンで購入されることを前提に書いていますが、バラ売りも行っています。

2019年1月15日から18日の間に調達に関するプレスリリースを行った、以下の企業の調達情報を紹介しています。 対象企業は株式会社...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とても嬉しいです。よろしければシェアもお願いいたします!
2
資本政策と資金調達に関するnoteを定期的に発信します 「資本政策の感想戦」「FUNDING FACTBOOK」を不定期掲載 中の人:https://twitter.com/8map 会社:https://nagabot.tokyo
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。