FUNDING FACTBOOK「LiLz株式会社」
見出し画像

FUNDING FACTBOOK「LiLz株式会社」

「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。

この記事では、2021年02月09日に資金調達を発表した「LiLz株式会社」の資金調達内容について取り扱う。

1. LiLz株式会社について

LiLz株式会社は、2017年7月28日に設立されたIoTサービスを複数展開する企業だ。アナログのメータを、IoTカメラを用いることで、人の手を使わず記録・分析するサービス「LiLz Gauge(リルズゲージ)」と、音声データ内から特定の音検索を可能にするサービス「LiLz Sound Search」を展開している。

LiLzは、創業から1年後に参加したピッチイベント「九州・山口ベンチャーアワーズ(KVM)2018」でスタートアップ部門(創業から3年以内の企業のみを対象としたカテゴリ)の大賞を受賞している(記事)。受賞対象となったサービスがLiLz Gaugeであり、Lilz GaugeをサポートするサービスとしてLiLz Sound Searchの構想もKVM2018内で公表している。

■ サービスの内容

電気使用量データについて自動検針機能・通信機能を有するメータを設置することで、計測上必要だった人力をなくしたりデータの利活用を行えるようにする「スマートメーター」という構想がある(参考:東京電力のページ)。この構想を実現するために、現在設置されているメーターを全てスマートメーターに置き換える作業が予定されている。

各地に設置されているアナログメータ類が持つ(1)計測に際して人力が必要(2)通信機能を有さずリアルタイムのデータ活用ができない課題点に対して、メーターの置き換え以外の方法で既存の計器をスマートメーター化しようとするサービスがLiLz Gaugeだ(サービスページ)。

対象となる計器(以下HPから抜粋)に対して、通信可能な静止画を取るカメラを設置して撮影することで、メーターの画像を遠隔から取得可能にする。

この続きをみるには

この続き: 3,133文字 / 画像6枚

FUNDING FACTBOOK「LiLz株式会社」

VisionaryBase

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!とても励みになります。
株式会社シクミヤが運営する、資本政策・資金調達・経営管理に関するnoteです。 「資本政策の感想戦」「FUNDING FACTBOOK」を不定期掲載