新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

FUNDING FACTBOOK「株式会社LEAN BODY」

「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。
この記事では、2021年01月12日に資金調達を発表した「株式会社LEAN BODY」の資金調達内容について取り扱う。

1. 株式会社LEAN BODYについて

株式会社LEAN BODYは2015年12月17日に設立された会社で、オンラインフィットネスサービス「LEAN BODY」の運営を行っている。

会社設立から2年経過した2018年3月に「LEAN BODY」をローンチしている。LEAN BODYのローンチ前の2017年には、LEAN BODYの原型となるようなサービスであるダイエット動画メディア「Lifmo」を展開している(2021年4月現在Lifmoはサービスクローズ済)。

■ サービスの内容
「LEAN BODY」は、オンライン上でフィットネス動画が見れるサブスクリプション型の会員制サービスだ。サービスを提供している株式会社LEAN BODYと契約している専属インストラクターが、オリジナルのコンテンツをサービス内で提供するサービス形態を採用している。

新型コロナウイルス感染症の影響により、LEAN BODYのような自室内でワークアウトを行うことを推進するオンラインフィットネスサービスは、世界的に注目されている。この分野で最も資金を集めている企業は米国の「ZWIFT」だろう。自転車を用いたバーチャル・サイクリングサービスを運営しているZWIFTは、2020年9月に4.5億ドル(約490億円)を調達している。

新たに立ち上がったサービスも多い。2021年2月にAngelラウンドで30万ドル(約3250万円)を調達した米国の「Zenia」は、動画コンテンツにスマホのカメラによる動画解析を組み合わせたアプリを提供している。ユーザーは、コンテンツ通りに体を動かせているかどうかを、画面上の表示や効果音によりリアルタイムに知ることができる。
2021年4月にシリーズAラウンドで630万ドル(約6億8500万円)を調達した「Moxie」は、個人のインストラクターが動画をアップロードするプラットフォーム(「Udemy」のインストラクター版といえばわかりやすいだろうか。)を提供している。

この続きをみるには

この続き: 3,522文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

2021年1月に資金調達した4社(数社追加予定)の資金調達解説をしています。 ・LEAN BODY ・プライシングスタジオ ・東京ファクト…

または、記事単体で購入する

FUNDING FACTBOOK「株式会社LEAN BODY」

VisionaryBase

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とても嬉しいです。よろしければシェアもお願いいたします!
4
株式会社シクミヤが運営する、資本政策・資金調達・経営管理に関するnoteです。 「資本政策の感想戦」「FUNDING FACTBOOK」を不定期掲載