FUNDINGFACTBOOK表紙_みんな電力

FUNDING FACTBOOK「みんな電力株式会社」


「FUNDING FACTBOOK」は、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説するnoteです。

この記事では、2019年1月18日に資金調達を行った「みんな電力株式会社」の資金調達内容について取り扱います。

みんな電力株式会社は、個人や小規模事業者が発電した電力を消費者が購入できるようにしたプラットフォームを運営している会社です。
プレスリリースで発表された11億8000万円の調達は、同社が過去これまで行った調達と比べても大規模なものとなっています。
当該記事では、その調達の背景の説明をビジネスの状況を確認し、説明しています。

1.プレスリリースについて

概要
 プレスリリース日 2019年1月21日
 その他媒体    TechCrunch
 発表調達内容
  金額 11億8000万円
  方法 記載なし
  投資家 TBSイノベーション・パートナーズ合同会社,
      SBIインベストメント株式会社, TOKAIホールディングス, 
      セガサミーホールディングス株式会社, 株式会社丸井グループ,
      株式会社電通
 実際調達内容
  資金調達日 2018/8/30,2018/12/14
  合計金額  11億8000万円
 PRのタイミング 登記完了後
 登記完了後からPRの日数 31日

プレスリリースの解説

プレスリリースの対象となったラウンド上、2018/8/30・2018/12/14の2回に分けて計11億8000万円の調達を行っている。
自社からのプレスリリースは、自社HP上で行っている。同日にTechCrunchに調達に関する記事が掲載されており、メディアでの掲載に合わせたプレスリリースを行ったと推測される。

自社HPによるプレスリリースは調達の事実を伝える簡易的なものなのに対して、TechCrunchのニュースでは、サービス内容等を詳細に伝える内容になっている。

2.今回のラウンドの背景

事業の特徴
みんな電力のメイン事業は、個人などの電気生産者から供給された電力を、ユーザーが利用するようにしたサービスだ。
サービスページ上、ユーザー側から電気生産者の顔が見えるようになっており、ユーザーはそのページ上で選択した電気発電者に対して支援(寄付)することができる。

元々のコンセプト上目指していることは、ユーザーが自身が使う電力について、どの電気生産者が作った電力なのかを判別する仕組みである(2015年12月の代表者インタビューより)。
これまでの技術上、提供された電力が電気の利用者にどの程度利用されたかを把握することはできなかった。従って、画面上で電気発電者の支援(寄付)を選択して行う仕組みは、目指したコンセプトを達成する途上だろう。

今回の調達の背景は、当該事業に関連する新技術だ。
 2018年12月05日に、電力需要者の需要量と供給者の供給量を1対1で結びつける「ENECTION2.0」を発表しているTechCrunchの記事も参照すると良い)。

この技術は、みんな電力の主力事業が目指す事業コンセプトに密接に関連するが、その他の事業に対する拡張可能性も高いだろう。

例えば、電気自動車含む小口の電力供給者による電気網により、都市部の電気需給調整を効率的に行うスマートグリッド構想上、電力のトレーサビリティ技術の必要性は主張されており、今回のNEMブロックチェーン技術がスマートグリッド構築に資する可能性がある。

投資家の概要
今回のラウンドに参加した投資家の中心は事業会社だ。電気供給側・利用側の両方がラウンドに参加している。

エネルギー産業を営む企業    :TOKAIホールディングス
ENECTION2.0の検証に参加した企業:株式会社丸井グループ
その他事業会社           :TBSイノベーション・パートナーズ合同会社, セガサミーホールディングス株式会社,株式会社電通
VC                :SBIインベストメント株式会社

この中で丸井グループは、ENECTION2.0の実証実験に参加しており、同技術に対する期待感が伺える。

この続きをみるには

この続き:4,134文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2019年1月18日から23日までに公表された企業の調達情報を、謄本ならびに周辺情報から、各ラウンドについての背景をふまえてスキームの...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!とても励みになります。
3

VisionaryBase/ヤマオカタスク

資本政策と資金調達に関するnoteを定期的に発信します 「資本政策の感想戦」「FUNDING FACTBOOK」を不定期掲載 中の人:https://twitter.com/8map 会社:https://nagabot.tokyo

FUNDING FACTBOOK vol.003

2019年1月18日から23日までに公表された企業の調達情報を、謄本ならびに周辺情報から、各ラウンドについての背景をふまえてスキームの解説を行っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。