FUNDINGFACTBOOK表紙_OLIVA

「株式会社OLIVA」資金調達の解説

この記事は下記リンクの有料マガジン「FUNDING FACTBOOK Vol.002」で配信される10個の記事のうちの、7記事目の記事となります。

この記事では、2019年1月17日に資金調達のプレスリリースを出した、「株式会社OLIVA」の資金調達内容について取扱います。

2018年1月23日に設立された株式会社OLIVAは、パーソナルトレーニングのポータルサイト「Fitmo」の運営を行っている。
創業後はじめて行った資金調達について、本記事で紹介する。

1.プレスリリースについて

概要
 プレスリリース日 2019年1月17日 11時00分
 その他媒体    なし
 発表調達内容
  金額 約2,000万円
  方法 第三者割当増資
  投資家 クルーズ株式会社 他
 実際調達内容
  資金調達日 2018/10/31
  合計金額  19,980,000 円
 PRのタイミング 登記完了後
 登記完了後からの日数 73日

資金調達自体は2018年10月に実施している。当該調達の登記まで完了したあと2ヶ月たって、プレスリリースを発信している。

調達後の2018年12月に、パーソナルトレーナに関する紹介サイト「Fitmo」をリリースしている。
当該サイトのリリース後1ヶ月経過したタイミングで、当該Fitmoを合わせて紹介する形で調達のプレスリリースを発信している。

2.会社の概要

事業内容
創業当初からフィットネス情報に関するWEBメディア「OLIVA」を運営している。最近のプレスリリース上では、2018年12月から運営を開始した、パーソナルトレーニングのポータルサイト「Fitmo」を事業説明に用いることが多い。
当該「Fitmo」事業について、プレスリリース上ではWEB上で適切なジムを探すことが困難であり、それを解消する事業との説明がされているが、会社の説明に加え以下2つの背景があると、推察した。

①Web上の検索流入数の増加
Web上の検索数は近年右肩上がりで、Web上でパーソナルトレーニングの施設ないしその評判が収集される傾向にある(以下図表は、「パーソナルトレーニング」に関するGoogle Trendsの結果)。

②Webからの紹介料(=アフィリエイト報酬)
パーソナルトレーニングは、アフィリエイト報酬が比較的高く、1件成約すると数万円単位の報酬が得られる(アフィリエイトサイトの宣伝になるので直リンクは貼らない)。

①と合わせると、パーソナルトレーニングポータルサイトは、「探す人は年々増加傾向にあり、かつ、成約すると報酬が高い領域」となる。

チーム並びに機関の概要
創業時から取締役2名が登記されている。Web上の情報からは、CFO並びに管理専属のメンバは確認できなかった。

3. プレスリリース対象の資金調達について

調達手法
 
調達手法 第三者割当
 株種類  普通株
 資金調達日 2018/10/31
 調達金額  19,980,000 円
 本ラウンドの放出割合 合計  28.57 %
 累積調達額 19,980,000 円  
 PreValuation 49,950,000 円

この続きをみるには

この続き:674文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
10社分の記事が読めます。 基本マガジンで購入されることを前提に書いていますが、バラ売りも行っています。

2019年1月15日から18日の間に調達に関するプレスリリースを行った、以下の企業の調達情報を紹介しています。 対象企業は株式会社...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!とても励みになります。
3

VisionaryBase/ヤマオカタスク

資本政策と資金調達に関するnoteを定期的に発信します 「資本政策の感想戦」「FUNDING FACTBOOK」を不定期掲載 中の人:https://twitter.com/8map 会社:https://nagabot.tokyo

FUNDING FACTBOOK Vol.002

2019年1月15日から18日の間に調達に関するプレスリリースを行った、以下の企業の調達情報を紹介しています。 対象企業は株式会社オー/スタジオアンビルト株式会社/SAgri株式会社/株式会社KOSKA/株式会社ハッカズーク/株式会社PoliPoli/株式会社OLIVA...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。