FUNDING FACTBOOK Vol.003のまとめ

「FUNDING FACTBOOK」は、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説するnoteです。

このnoteでは、「FUNDING FACTBOOK Vol.003」で取り扱う10社の資金調達について、横比較可能な形にまとめています。

1. 公開済みnoteの概要

No.21_connectome.design株式会社 7,000万円

connectome.design株式会社は、2018年6月に設立された人工知能の開発を行うスタートアップで、今回の発表が創業以降最初の資金調達となります。
J−KISS型新株予約権により調達を行っていますが、同スキームを提案したCoral Capitalが絡まない案件となります。

No.22_みんな電力株式会社 11億8000万円

みんな電力株式会社は、個人や小規模事業者が発電した電力を消費者が購入できるようにしたプラットフォームを運営している会社です。
調達額の大きさも特徴的ですが、過去これまで多種の新株予約権を発行しているため、記事内では新株予約権の使い分け方についても確認しています。

No.23_株式会社グラファー 1億8000万円

2017年7月18日に設立された株式会社グラファーは、行政手続の効率化を担う「Govtech(ガブテック / 政府×テクノロジー)」のスタートアップです。
創業直後に多額の資金調達を行った同社の、2回目の資金調達はJ-KISS型新株予約権で行われています。調達の背景含め、スキームの解説をしています。

No.24_株式会社VALU 5億円

2016年12月5日に設立されたVALUは、2017年5月に発表したSNS「VALU」で注目を集めたスタートアップです。今回発表した5億円の調達は、創業以降初めての1億円を超える大型調達となりました。
記事では、人事・事業・資金の面から当該ラウンドの解説を行っています。当該調達の前に取締役の入れ替えを行っており、VALUが組織を変えようとしている様を伺い知ることができます。

No.25_株式会社ヴェルト

No.26_株式会社22

- 公開準備中の企業
残りの企業は順次公開します。

株式会社レグミン
株式会社レポハピ
株式会社Craftie

2. 調達手段の比較

(1)Vol003範囲

(2)Vol001-003Total

この続きをみるには

この続き:1,709文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2019年1月18日から23日までに公表された企業の調達情報を、謄本ならびに周辺情報から、各ラウンドについての背景をふまえてスキームの...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とても嬉しいです。よろしければシェアもお願いいたします!
5

VisionaryBase/ヤマオカタスク

資本政策と資金調達に関するnoteを定期的に発信します 「資本政策の感想戦」「FUNDING FACTBOOK」を不定期掲載 中の人:https://twitter.com/8map 会社:https://nagabot.tokyo

FUNDING FACTBOOK vol.003

2019年1月18日から23日までに公表された企業の調達情報を、謄本ならびに周辺情報から、各ラウンドについての背景をふまえてスキームの解説を行っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。