VisionaryBase

株式会社シクミヤが運営する、資本政策・資金調達・経営管理に関するnoteです。 「資本政策の感想戦」「FUNDING FACTBOOK」を不定期掲載

FUNDING FACTBOOK Vol004

2021年1月に資金調達した5社の資金調達解説をしています。 ・LEAN BODY ・プライシングスタジオ ・東京ファクトリー ・コーチェット ・エール

  • 5本
  • ¥1,000

FUNDING FACTBOOK「エール株式会社」

「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。 この記事では、2021年01月25日に資金調達を発表した「エール株式会社」の資金調達内容について取り扱う。 1. エール株式会社についてエール株式会社は2013年6月4日に設立された会社で、オンライン1on1サービス「YeLL」を提供している。 現在展開しているサービスを展開するまで、エール株式会社は何度かサービス

スキ
5
有料
500

FUNDING FACTBOOK「株式会社コーチェット」

「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。 この記事では、2021年01月29日に資金調達を発表した「株式会社コーチェット」の資金調達内容について取り扱う 1. 株式会社コーチェットについて2020年1月8日に設立された株式会社コーチェット(以下「コーチェット」と言う)は、経営者などのリーダー層に対してマンツーマンでコーチングスキルを教えるプログラム「Coac

スキ
7
有料
500

FUNDING FACTBOOK「株式会社東京ファクトリー」

「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。 この記事では、2021年01月25日に資金調達を発表した「株式会社東京ファクトリー」の資金調達内容について取り扱う 1. 株式会社東京ファクトリーについて株式会社東京ファクトリー(以下「東京ファクトリー」と言う)は、2020年4月1日に設立された、製造業用のクラウド型生産管理システム「Proceedクラウド」を提供す

スキ
7
有料
500

FUNDING FACTBOOK「プライシングスタジオ株式会社」

「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。 この記事では、2021年01月12日に資金調達を発表した「プライシングスタジオ株式会社」の資金調達内容について取り扱う。 1. プライシングスタジオ株式会社についてプライシングスタジオ株式会社(以下「プライシングスタジオ」と言う)は、2019年6月26日に設立された(当時の商号は「株式会社Best path Part

スキ
3
有料
500

資本政策の感想戦

第三者の視点から、創業から資本取引を将棋の棋士が行う感想戦のように1手1手振り返り、その背景で動いていた資本政策の意図を考察する連作

  • 11本

企業の資本政策を『感想戦』のように振り返る本を出します

 noteで発信していた「資本政策の感想戦」シリーズをベースとして、日経BP社から「実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦」が2021年10月7日に販売されます。  新規株式公開(IPO)をしたスタートアップ6社を題材として、設立から上場までに行われたイベントを、「資本政策」の軸から整理して解説した本になります。  資本政策とは、株式や新株予約権といった『エクイティ』を企業が有効活用するための計画を指します。  本書では、実際の企業がどのようにエクイティを用い

スキ
75

資本政策の定跡「従業員に対するエクイティ・インセンティブの付与はどのように行うか」

「資本政策の感想戦」シリーズを元に書籍として編纂した本『実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦』を2021/10/7に出版します。本noteは、元々書籍のまとめ箇所として描き下ろしたものを改編して掲載しています。 2021/9/28 山岡佑 ---- このnoteでは「資本政策の定跡」として、資本取引の種類ごとに ①「どのようにその取引を検討すれば良いか」解説を行い ②『資本政策の感想戦』で取り上げた企業を用いた実例の紹介を行う 資本政策の感想戦で取り上げた

スキ
60

資本政策の感想戦「株式会社プレイド」

「資本政策の感想戦」シリーズを元に書籍として編纂した本『実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦』を2021/10/7に出版します。本noteは書籍がでるまで2割引の価格で販売します。 本noteにおいて取り上げた「株式会社プレイド」の解説記事は、書籍内では、1章に掲載しています。書籍化に伴い資本取引に関連する図表を書き直した他、図表の取捨選択を行っています。 note版の図表は、個別具体的な資本取引について、実務で用いる資本政策表に近い形で確認できるようにしてい

スキ
63
有料
1,600

資本政策の定跡「事業上のキーマンに対するエクイティ・インセンティブの設定はどのように行うか」

「資本政策の感想戦」シリーズを元に書籍として編纂した本『実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦』を2021/10/7に出版します。本noteは、元々書籍のまとめ箇所として描き下ろしたものを単独で読めるように改編して掲載しています。 2021/9/28 山岡佑 ---------- このnoteでは「資本政策の定跡」として、資本取引の種類ごとに ①「どのようにその取引を検討すれば良いか」解説を行い ②『資本政策の感想戦』で取り上げた企業における実例を解説する

スキ
59

資本政策の感想戦2019年リリースパック

「資本政策の感想戦」について、時期未定(2021年末目標)で書籍化作業を行っています。書籍がでるまで2割引の価格で販売します。 note版では取引詳細が個別具体的に見える表を掲載しています。書籍化に伴い図表等は全て書き直しますが、noteは個別具体的な取引を見るため、書籍は読み物としての完成度高くとnoteをお買い上げの方に価値を感じてもらえる棲み分けを行おうと考えています。 2021/6/22 筆者

  • 4本
  • ¥3,200

資本政策の感想戦「株式会社識学」

「資本政策の感想戦」シリーズを元に書籍として編纂した本『実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦』を2021/10/7に出版します。本noteは書籍がでるまで2割引の価格で販売します。 本noteにおいて取り上げた「株式会社識学」の解説記事は、書籍では取り上げておりません。諸般の事情により書籍には織り込まなかったのですが、共同創業者2名により創業したケースとして、学びのあるものになっています。1作目のnoteとして完成度を高めておきたいものになりますので、疑問点や

スキ
89
有料
800

資本政策の感想戦「株式会社Gunosy」

「資本政策の感想戦」シリーズを元に書籍として編纂した本『実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦』を2021/10/7に出版します。本noteは書籍がでるまで2割引の価格で販売します。 本noteにおいて取り上げた「株式会社Gunosy」の解説記事は、書籍内では、3章に掲載しています。書籍化に伴い図表を書き直した他、第1期の解説を中心に記述を見直しています。 note版の図表は、個別具体的な取引について、実務で用いる資本政策表に近い形で確認できるようにしています。

スキ
148
有料
1,200

資本政策の感想戦「Sansan株式会社」

「資本政策の感想戦」シリーズを元に書籍として編纂した本『実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦』を2021/10/7に出版します。本noteは書籍がでるまで2割引の価格で販売します。 本noteにおいて取り上げた「Sansan株式会社」の解説記事は、書籍内では、4章に掲載しています。書籍化に伴い資本取引に関連する図表を書き直した他、図表の取捨選択を行っています。 note版の図表は、個別具体的な資本取引について、実務で用いる資本政策表に近い形で確認できるようにし

スキ
84
有料
1,200

資本政策の感想戦「株式会社スペースマーケット」

「資本政策の感想戦」シリーズを元に書籍として編纂した本『実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦』を2021/10/7に出版します。本noteは書籍がでるまで2割引の価格で販売します。 本noteにおいて取り上げた「株式会社スペースマーケット」の解説記事は、書籍内では、2章に掲載しています。書籍化に伴い資本取引に関連する図表を書き直している他、図表の一部削除と追加を行っています。 note版の図表は、個別具体的な資本取引について実務で用いる資本政策表に近い形で確認

スキ
44
有料
960

資本政策の感想戦2020年リリースパック

「資本政策の感想戦」について、時期未定(2021年末目標)で書籍化作業を行っています。書籍がでるまで2割引の価格で販売します。 note版では取引詳細が個別具体的に見える表を掲載しています。書籍化に伴い図表等は全て書き直しますが、noteは個別具体的な取引を見るため、書籍は読み物としての完成度高くとnoteをお買い上げの方に価値を感じてもらえる棲み分けを行おうと考えています。 2021/6/22 筆者

  • 3本
  • ¥2,400

資本政策の感想戦「UUUM株式会社」

「資本政策の感想戦」シリーズを元に書籍として編纂した本『実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦』を2021/10/7に出版します。本noteは書籍がでるまで2割引の価格で販売します。 本noteにおいて取り上げた「UUUM株式会社」の解説記事は、書籍内では、5章に掲載しています。書籍化に伴い資本取引に関連する図表を書き直しています。 note版の図表は、個別具体的な資本取引について、実務で用いる資本政策表に近い形で確認できるようにしています。 2021/9/2

スキ
19
有料
1,200

資本政策の感想戦「ニューラルポケット株式会社」

「資本政策の感想戦」シリーズを元に書籍として編纂した本『実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦』を2021/10/7に出版します。本noteは書籍がでるまで2割引の価格で販売します。 本noteにおいて取り上げた「ニューラルポケット株式会社」の解説記事は、書籍内では、6章に掲載しています。書籍化に伴い資本取引に関連する図表を中心に書き直しています。 note版の図表は、個別具体的な資本取引について、実務で用いる資本政策表に近い形で確認できるようにしています。

スキ
35
有料
1,200

資本政策の感想戦「株式会社プレイド」

「資本政策の感想戦」シリーズを元に書籍として編纂した本『実践スタートアップ・ファイナンス 資本政策の感想戦』を2021/10/7に出版します。本noteは書籍がでるまで2割引の価格で販売します。 本noteにおいて取り上げた「株式会社プレイド」の解説記事は、書籍内では、1章に掲載しています。書籍化に伴い資本取引に関連する図表を書き直した他、図表の取捨選択を行っています。 note版の図表は、個別具体的な資本取引について、実務で用いる資本政策表に近い形で確認できるようにしてい

スキ
63
有料
1,600

経営管理テクニックブック

経営管理について色々陥りがちな罠を書いておきます

  • 13本

SaaS間のデータのやり取りなんて、Zapierに任せよう - 国内SaaSもZapierに任せる方法

ライター 秦 今、情シス・業務効率化推進者といった多くの日本企業の担当者はこんな悩みやニーズを抱えています。 💡「自社で使っているSaaSを連携して業務を効率化したい」 😣「少ない開発リソースで業務を効率化したい」 😓「自社で使っているSaaSをタスク自動化ツールに組み込みたいけど、SaaSが非対応」 実際弊社でも、タスク自動化を検討しているというご相談を受けますし、自動化にiPaaS製品を検討しているが「世のiPaaSは海外SaaSばかりで国内SaaSにほとんど対応し

スキ
54

これだけ読めば全てわかる、Google Apps Scriptライブラリの作り方

ライター 秦 本記事では、Google Apps Scriptのライブラリの使い方と作り方、JSDocコメントやコード補完まで、ワンストップ(2部構成)で全部わかるように詳しく解説しています。 ライブラリの使い方についてはコチラ↓ 💡 この記事で得られる知識 ・ ライブラリの作り方と公開方法 ・ JSDocコメントの書き方 ・ スクリプトエディタのコード補完について 4. ライブラリの作り方4-1. ライブラリを作るライブラリの作成手順を説明します。 1) 新しいス

スキ
7

課題解決のための図解の技術〜業務フロー図の描き方(業務改善編)

ライター: 秦 非効率な業務課題に悩まされていませんか?また、現状を把握し、業務を可視化できてますか?本記事では、業務分析・業務効率化を進めるための業務フロー図を題材に、課題解決のために必要な図解の技術について解説します。 今回は下記事の後編になります。前編で描いたのは改善前、Beforeの図です。後編では業務効率化にまつわる課題と、実際に業務の非効率な部分を自動化する改善例を解説して行きます。 はじめに業務効率化や自動化のプロセスには「現状把握」と「可視化」が含まれま

スキ
22

課題解決のための図解の技術〜業務フロー図の描き方(作図編)

ライター: 秦 非効率な業務課題に悩まされていませんか?また、現状を把握し、業務を可視化できてますか?本記事では、業務分析・業務効率化を進めるための業務フロー図を題材に、課題解決のために必要な図解の技術について解説します。 なお、本記事は以下の2部構成でお送りします。 ① 作図編(前編) ② 業務改善編(後編) ① 作図編(前編) 業務フローの描き方を解説します。受発注管理システムを具体例に、現状の業務フロー図を起こす過程を解説しています。 ② 業務改善編(後編)

スキ
39